まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

HOME >>  過払い金について > 過払い金返還請求の注意点

過払い金返還請求の注意点

長い間消費者金融からキャッシングやカードローンを借りていると、過払い金が生じていることがありますね。これは、かつてグレーゾーン金利時代に支払っていた金利は、現在のものと比べると10%ほども高いからなんです。

 

これは、利息制限法より上限の高い出資法を適用した金利を適用していたからなのです。しかし法改正により、利息制限法の上限に合わせるようになったので、それまで高い金利を支払った分は、返還請求をすれば戻ってくるのです。

 

資料をそろえて業者側と交渉をしなくてはいけないので、弁護士か司法書士などに依頼して行うと良いでしょう。ただ、現在も借金の返済中である場合は、返還請求は待った方がいいです。

 

返済分と相殺しようとすると、ブラックリストに載ってしまうんです。ですから、過払い金返還請求は、完済後に行った方がいいですね。

 

完済後ならブラックリストに載ることもなく、何の問題も生じません。返済が苦しくて相殺したい気持ちは分かりますが、将来的なことを考えると、完済してからの請求をおススメします。