まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

HOME >>  自己破産ついて > 自己破産制度とは

自己破産制度とは

借金がかさみ多重債務に苦しむ人にとって、自己破産という手段が残されています。自己破産とは、債務者が借金により経済的に破たんし、支払い能力がないと裁判所にみなされた場合に認められます。

 

債務者は、必要最低限の生活をする為の資金や一定の財産を除いては、全て換価して債権者に返済しなければなりません。
残りの借金の支払い義務がなくなり、新しい生活をスタートする事が出来ます。

 

借金の取り立てに悩んでいる人は解放され、生活をする為に欠かす事の出来ない財産は処分されないので、日常生活に支障はありません。

 

しかし、自己破産をしたという事は記録として残る為、その後にローンを組めなかったり、クレジットカードを作れなかったりといったデメリットもあります。

 

自己破産を受けてから約7年以上経てば、信用情報が更新され、また新しくクレジットカードを作る事も可能であり、ローンも組めるようになると言われています。

 

多重債務に悩んでいる人は、自己破産という手段もあるという事を考えてみると良いでしょう。