まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

HOME >>  自己破産ついて > 自己破産は弁護士に依頼すべき

自己破産は弁護士に依頼すべき

借金の返済ができなくなった場合、よく言われるのが「自己破産をすればよい」と言うことです。しかし例えばギャンブルで作った借金などがあると、自己破産を裁判所に認めてもらえないこともあります。

 

自己破産は裁判所に申し立てを行い、これを認めてもらって初めてできることだからです。ですからなんでもかんでもの借金を自己破産でチャラにしてもらえるほど、世の中甘くはないと言うことです。

 

自己破産のメリットは借金が無くなる事に尽きますが、同時に数年間はクレジットカードの作成と使用ができなくなるなど、不自由な生活を強いられる面もあります。

 

自己破産をするべきかどうかというのは素人考えで決断するべきではなく、キチンと法律の専門家に相談して解決すべき問題です。そもそも自己破産の手続きは複雑で煩雑な書類の作成をしなければなりませんから、到底法律の素人である本人が行うことは難しいでしょう。

 

自己破産は弁護士に依頼して解決するのが賢明です。