まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

HOME >>  任意売却について > 自己破産よりも任意売却

自己破産よりも任意売却

住宅ローンが払えないからといって、自己破産するしか無いと思いつめる必要はありません。住宅ローンが払えないときは任意売却という手段もあります。
 

 

任意売却をしても自己破産をしても家を失うことには変わりはありませんが、その後の生活が大きく異なります。
 
手放す家
 

自己破産をすると、自己破産をしたことが官報に掲載されてしまいますから、ローン返済に行き詰まったことが周囲に知られることになります。
 

周囲にはばれない

 

一方、任意売却であれば、周囲からは通常の住宅売却と同じにしか見えませんから、ローン返済に行き詰まったことが知られることはありません。

 

任意売却後も今まで同様に周囲の人間と付き合っていけますし、仕事に影響することもありません。

 

また、自己破産すると住宅以外にも車や貯金など様々な財産を失うことになります。一方、任意売却なら失うのは家だけで済みます。

 

任意売却の場合、債務が残るのはデメリットですが、生活の立て直しやすさを重視するのであれば、自己破産よりも任意売却がおすすめです。