まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

HOME >>  任意売却について > 債権者・債務者双方にメリットある任意売却

債権者・債務者双方にメリットある任意売却

任意売却とは、住宅ローンを返済することが難しくなった債務者が、債権者の同意の上で自分の住宅を売却することで、ローンの返済をする方法のことです。

 

通常債務者が住宅ローンの返済ができなくなると、債権者である金融機関は担保である住宅を裁判所へ依頼して差し押さえます。裁判所は依頼があると差し押さえ、競売の手続きに入ります。そして購入したいという人が入札して、債権者は資金を回収します。

 

しかしこのシステムには欠点もあります。債務者は住宅などを差し押さえされると、近所にローンの返済ができなくなったことがバレます。また差し押さえられると、短期間のうちに自宅を明け渡す必要があり、引越しをしなくてはなりません。

 

債権者にとっても欠点があります。入札だと市場価格より低くなりやすく、下手すると市場価格の5割なんてうこともあります。そうすると貸金を回収しきれないことがあります。

 

その点任意売却だと住宅は、市場価格に近い価格で売却することができます。また明け渡すタイミングも融通が効くので、債務者にとってもメリットがあります。債権者・債務者双方にメリットあるので、差し押さえられるより、任意整理の方が良いかもしれません。