まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

HOME >>  任意売却について > 任意売却の場合には比較的周辺相場に近い価格を提示

任意売却の場合には比較的周辺相場に近い価格を提示

 
2296f5e1da1da0521bc2502ca5c1cea8_s

 
借金などで首が回らなくなった場合、資産を処分する必要性が出てきます。

 

数ある資産の中でも、比較的高額ランクに位置するのが、住宅でしょう。その住宅を処分する場合、一般的には競売という手段を用いますが、最近では任意売却という手段を用いる人が多くなっております。
 

任意売却のメリット

 

任意売却のメリットとして何といっても大きいのが、競売よりも高く売れる可能性が高いということです。任意売却の場合、売却を手伝ってくれるのは専門の不動産業者です。不動産業者を使って、通常の不動産売買の流れで売却を行っていきます。もちろんその際には、周辺の相場も考慮した価格付けというのをしていきます。

 

よって、任意売却の場合には比較的周辺相場に近い価格を提示することが多くなっております。その一方で競売の場合には、周辺相場というのはあまり考慮されません。買い手からいたしますと、物件を周辺相場よりも安く帰るということで、注目物件なことには違いありません。

 

しかしこと売り手からしますと、本来得られる売却価格よりもかなり安く買い叩かれてしまうという印象です。あまり売却価格が低いと、肝心の借金に当てられる金額も少なくなってしまい、借金が完済できない可能性もあるのです。