まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

HOME >>  任意売却について > 任意売却の効果とは

任意売却の効果とは

任意売却とは、住宅ローンが返済出来なくなってしまった時に、競売にかけないで不動産を処分する事です。住宅ローンが滞った場合、債権者である金融機関は、担保不動産を競売にかけてしまいます。

 

任意売却は、債権者と債務者の間に仲介者をはさみ、任意で納得のいく価格で売却してくれます。競売にかけてしまうと、高値での落札は見込めませんが、任意売却の場合は市場価格に近い値段で売却出来る為、高値で売る事が出来ます。

 

競売だと告知されてしまい、近隣住人にも知られてしまいますが、任意売却だと知られずに売却可能です。親戚に売却する事も出来るなど、柔軟な売却が可能です。

 

住宅ローンを滞納してしまうと、我が家を手放さなくてはならないのが常ですが、出来るだけ高い値段で売却したいものです。もし、親族間売買と言った方法を取れば、そのまま住み続ける事も可能です。

 

競売で安く売却されるとその後、多額の債務を残してマイホームを手放さなくてはなりません。任意売却で少しでも高く売却し、新しい人生の一歩を踏み出しましょう。