まずは自分で調べよう!任意売却のイロハ

任意売却に債権者が合意しないケースについて

不動産のローン返済ができなくなってしまった時は、任意売却でローンの残債務を整理するのが有効な方法です。 不動産物件を差し押さえられて競売で処分する方法の場合、落札価格は一般的な不動産取引相場よりも低くなってしまうので、売却を実行した後に残る債務の額が大きくなってしまいます。任意売却で不動産を売却すれば通常の不動産取引相場に近い金額で売却できるので、ローンの残額を減らすことが可能です。

マンション
また、不動産物件のローン支払いに失敗して、抵当権の設定されている不動産物件を差し押さえられてしまうと、社会的な信用を大きく下げることになってしまいます。金融トラブルによる信用の失墜は、クレジットカードの利用停止や金融機関からの借り入れ不可など、その後の生活に重大な影響を及ぼしてしまいます。場合によっては現在の仕事を継続することが難しくなってしまい、退職を迫られる可能性も覚悟しなくてはいけません。

 

しかし、任意売却でローン残高を整理すれば、通常の不動産取引を実行したのと同様の扱いを受けるので、その心配は不要になります。一度低下した信用を回復するためには長い時間と努力が必要になるので、信用の低下を避けられるというのは任意売却の大きなメリットです。

【参考ページ】http://ninnibaikyaku.jp/

自分のケースはどちら?

メリットの大きい任意売却ですが、手続きを進めるためには債権者と債務者の合意が前提となります。債務者が任意売却を希望しても、不動産に抵当権を設定している債権者側が任意売却でローン残高を整理することに同意しないケースもあります。

 

抵当権が設定されている物件が好条件の物件の場合、不動産を差し押さえた後に裁判所を通じて競売で売却したとしても、相場とあまり変わらない価格で落札されるケースもあります。任意売却でローンを整理する場合、仲介手数料や引っ越し費用などで新たな費用負担が発生することになりますが、競売で売却して相場とあまり変わらない価格で処分できるのであれば、任意売却でローンを整理する債権者側のメリットが少なくなります。債権者側としては、任意売却で高い回収金額が見込めなければ任意売却に応じないほうが得、ということになり、合意形成が難しくなります。

 

 

任意売却を行うメリット
借金の返済ができなくて最後には自己破産になる
自己破産よりも任意売却
過払い金返還請求は専門家に依頼を
任意売却の場合には比較的周辺相場に近い価格を提示
自己破産制度とは
任意売却は競売よりもメリットがある
万が一の場合の任意売却を知っておくべき
過払い金返還請求の注意点
債権者・債務者双方にメリットある任意売却
自己破産の生活への影響
任意売却の特徴について考える
過払い金を全額返還してもらいたければ訴訟を提起しよう
自己破産は弁護士に依頼すべき
任意売却を決めた時にやってはいけないこと
任意売却の効果とは
過払い金請求はやらなければ損です
自己破産について
破産手続きと任意売却の債権者との関係
過払い金請求の手続きの流れについて